FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様への提案

こんにちは、社長の早川です。

月末の月曜日は忙しく過ぎていく。

雨の為、現場変更・・・外仕事が出来なく
中仕事の為の手配で追われる。
7時半・・・・ 地区のお祭りの片付け

午後・・・・・メーカー2社の打合わせ
取引銀行の対応

16時お客様と打合わせ

気が付けば19時をまわっている。


早川建設のお客様への提案は、建物を建てればそれで
良いのでなく、今後の生活設計も踏まえたアドバイスを
している。

住宅ローンを返済しながら、子供の教育資金をどう考えているか
諸々の生活していく上での経費
そして年金生活になった時の生活資金は・・・・・・

そうした事を考えて、建物に掛けられる金額を算出して行く。

今日のお客様にもこんな提案から始まる。
スポンサーサイト

選挙結果とイベントの終わり

こんにちは、社長の早川です。

参議院議員選挙が終わりました。
大方の予想通り自民党の圧勝。

国民の多くが経済重視が最優先と判断したのだと思う。
過半数も達成し、ねじれも解消し決める事をどんどん
決めて本来の国会に戻れば良いと思う。


投票率は、NHK調査だと全国平均52.61%

千葉県は全国よりかなり下回るらしく最下位か
あるいはワースト3に入るくらい悪い結果だそうです。

選挙に行かれない人にはそれぞれ事情もあるかと思うが
自分が行かなくても変わらいと思わず、自分の一票で
変わる事を意識して欲しいと思う。

さて、49回海女まつり
久々に行って見た  海女の夜泳に時間を合わせ行った。

駐車場はどこも満車
あまり遠くに止めたくなく、行くだけいって見た。

なんと直ぐ近くの駐車場から一台出るところ
なんというタイミングか
会場にさして歩かず駐車完了でした。

人気の海女の夜泳は港内で行われる為、岸壁は人でいっぱい
座る場所も無く立ち見となる。

人の隙間から、松明をもって泳ぐ海女さん達の姿は
何回も見ている私も感動する。

海女まつりが終わると白浜は本格的な夏のシーズンとなる。

あたりまえの事だけれど。

こんにちは、社長の早川です。

猛暑・猛暑が続いています。が 我が南房総市、今日30度
暑いですが他所と比べたら過ごしやすい所でないかと思う。

明日から鴨川市来秀の現場の基礎工事が入ります。

炎天下の中、外仕事は本当に大変だと思う。

水分補給、休憩を充分取って熱中症にならないよう気を
付けて作業して貰いたい。

お施主さんのお母様から着工式の時
「早川建設さんに幸せになるお手伝いをして貰いたい」と

その言葉をしっかり受け止め、基礎工事からきちんとした家造りに
臨みたいと思う。

私達建設会社は、年間に何棟も建築しているがお客様にとっては
一生に一度の家造りです。

お客様のお気持ちを大切する事を、早川建設の家造りに携わるすべての
人達に伝ヘて行きたいと考えている。

あたりまえと思っている事を今一度考え、行動に移す事が大事だと思う。

主催者の心遣い

こんにちは、社長の早川です。

今日は7時30分から地区(乙浜区)の草刈があり
朝礼が終了してから参加した。

日曜日だと若い人達が参加できるのだが
平日だと高齢者の参加が多くなってしまう。

私の班は神社近くの水路周辺の草刈だった。
土手もあるので当然 高齢者には無理な作業である。

参加人数も少ないうえに高齢者が多ければ時間がかかる。
おまけに今日は、朝からカンカン照り 熱中症にも注意しなければ・・・・
一時間半 もくもくと作業すると60代の私でも疲れる。

なぜ休日に遣らないのか? 苦情もあるらしい。

釣り船が忙しい・釣り客の車に石が当たりガラスを割る心配がある・・・・・

そんな理由で平日らしいが、工夫次第でどうにでもなるでしょうと言いたい。

駐車する場所を指定するとか、皆で話し合ってから決めるべきだと思う。
 (休日と平日の参加できる割合を調べる)

そんな訳でごてごての草刈でした。

これからもボランティア活動には極力参加するつもりは
あるが主催する側のちょっとした心遣いは大事かも知れない。

友人の母を葬る。

こんにちは、社長の早川です。

先日、幼なじみの友人のお母さんが亡くなった。
私はお通夜に出席した。
享年95歳
女手一つで二人の息子さんを育てた。

弟さんと同級生で、家も隣だった。
毎日、野山を駆け回り、夏は日の暮れるまで
海で遊んだ。

二人共、都会に暮らし、お母さんは地元の老人施設に
お世話になっていた。

在宅で最期を迎えることは、今の社会では難しいの
かも知れない。

亡くなる何日か前にお母さんが、白浜の町を観たいと
言って車で案内したそうだ。


昨日、訪ねてくれて、今後の手続など話して言った。

田舎にある家、田圃、畑、山 等の名義変更や
49日までの事
新盆の事を兄弟二人で処理して往くとの事。

昔、私の父の時代だが、親を葬り49日経つと親しい人達が
力落とし、力付として一杯席を設ける習慣があった。

親はどんなに高齢になろうと生きていて欲しいものだと思う。

自分を育ててくれた親が逝くことの寂しさや、諸々の思いを
その席が慰めてくれる。

今は無くなったその席を私は設けたと思う。

Pagination

Utility

プロフィール

社長

Author:社長
★毎週月曜日更新★
サラサホーム房総社長の
ブログへようこそ!
仕事のこと、世の中のこと、
時には自分自身のこと…。
社長が常日頃の思いを語ります。

【自己紹介】
寝ても覚めても現場の事ばかりと、
女房によく言われます。
生まれも育ちも白浜。
わが社の共通語は房州弁です。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。